増田医院

群馬県邑楽郡の内科、小児科、救急科、婦人科の増田医院

〒374-0132 群馬県邑楽郡板倉町大字板倉2615
TEL 0276-82-2255

院長日記はこちら

 

問診票はこちら

初診患者様への申し込み及びアンケート用紙

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

医師の紹介

ご挨拶

【院長】増田 雄彦

増田医院前院長 父・安宏より継承し、4代目院長に就任しました増田 雄彦です。

この町の頼れる『健康創造パートナー』として、信頼できる医療を患者さんにとってもっと身近にという理念を掲げ、
「そもそも病気にならないための健康管理や生活習慣病予防のアドバイス」や、
「病気になってしまってからの急性・慢性疾患への対処」を中心としたトータルでの
医療サービスを提供していきたいと考えております。

皆様の健康向上に少しでも貢献できますことを喜びといたします。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

【院長】増田 雄彦

 

院長略歴

平成11年3月  獨協医科大学・卒業
平成11年5月~平成12年3月  獨協医科大学病院・臨床研修医(呼吸器・アレルギー内科)
平成12年4月~平成12年9月 沖縄県立中部病院・臨床研修医(救命センター(小児科領域含む)・総合内科)
平成13年4月~平成15年3月 沖縄県立中部病院・後期臨床研修医(内科・循環器内科フェロー)
平成15年4月~平成16年3月 沖縄県立北部病院・医員(循環器内科・総合内科)
平成16年4月~平成25年3月 獨協医科大学・学内助教(呼吸器・アレルギー内科)
平成17年4月~平成27年3月 獨協医科大学病院・救命救急センター勤務
平成18年4月~平成23年5月 獨協医科大学病院・感染総合対策部
平成25年4月~平成27年3月 獨協医科大学・学内助教(救急医学)
平成27年1月 獨協医科大学・学内講師(救急医学)
平成23年6月~平成27年3月 獨協医科大学病院・感染制御センター
平成25年4月~平成26年12月 獨協医科大学・学内助教(救急医学)
平成27年4月 増田医院・院長就任
獨協医科大学・学外講師(救急医学)

【補足説明】
沖縄から帰り呼吸器・アレルギー内科に戻るもその1年後に救命救急センターに出向となり、
平成25年3月で呼吸器・アレルギー内科を辞めて、救急医学に異動し、
そのまま平成27年3月まで救命救急センターで勤務を続行しました。

平成27年の1月に講師に昇進させてもらい、現在学外講師として学生・研修医に講義およびレクチャーをしております。

沖縄での研修はほぼ全科を診ており、小児科領域も救急で昼夜問わず診察していました。

ちなみに沖縄中部病院は、まるでDr.コトーさながらの離島診療所に行って診療してもいいような
総合的に判断できる医師を育成している病院で、
アメリカ方式のER(エマージェンシールーム:海外ドラマERのような)24時間1次救急から3次救急まで
なんでも来いの病院のため、家庭医においては必要なスキルを全て研修できる病院です。

 

免許・資格

名称 取得機関名 取得年月日
救急科専門医 日本救急医学会 平成19年4月1日
日本DMAT 厚生労働省 平成19年11月15日
インフェクションコントールドクター
(ICD)
ICD制度協議会 平成23年1月1日

 

所属学会・認定医

◇日本救急医学会・救急科専門医認定
◇日本プライマリ・ケア連合学会・会員

 

DMAT

平成19年11月15日に日本DMAT取得、
平成26年7月15日に統括DMATが修了。
写真は栃木県内のDMAT訓練にて。

 

ヘリコプター救急医療活動

獨協医科大学のヘリポートにて。

 

日本感染症学会総会 福岡

福岡で開催された日本感染症学会総会:ICD講習会に参加しました。

 

沖縄中部病院の恩師 徳田安春先生と

徳田安春先生に獨協医科大学病院の客員講師として、講義をして頂きました。
左側の写真は徳田先生がレクチャーされている様子です。

徳田先生のレクチャー写真 沖縄中部病院の恩師 徳田安春先生

 

アメフト部に在籍

大学在学中にアメフト部に所属しておりました。
キャプテンを務め、ポジションはクオーターバックでした。